始業時刻適正化プロジェクトからのお知らせ

睡眠研究者による講演会のご案内並びに先生方へ御協力のお願い

学校関係者の皆様
学術的な知見に基づき、中高生の睡眠環境を改善させたい

この思いから始まった「始業時刻適正化プロジェクト」ですが、実際に日々生徒を近くで支えておられる先生方のお力添えなしには進められないと考え、今回このような形でプロジェクトの概要をお伝えすることにいたしました。この記事の最後には、先生方からの御協力を賜りたく、お願いを記しております。最後まで読んでいただけると幸いです。

日本の中高生は深刻な睡眠不足状態にある

  1. 早い始業が生徒の心身に悪影響を及ぼす
  2. 始業時刻を適切に遅らせることで、生徒の心身の健康に繋がる
  3. 日本の生徒が楽しく学校に通えるように:始業時刻適正化プロジェクトと先生方へのお願い

※「始業時刻適正化プロジェクト」では、大学生向け実践型有給インターンも募集しています。詳しくはこちらをクリック

日本の中高生は深刻な睡眠不足状態にある

先生方におかれましても、授業中に集中力を欠いている生徒を目にされたり、あるいは心身に問題を抱えている生徒の指導をなさったりする機会があるかと思います。これを裏付けるように、例えばある調査では高校生の約10人に9人が授業中に居眠りをしているとの報告がなされています[1]。

そして、この原因としては深刻な睡眠不足の問題があります。思春期の生徒は最低でも8時間の睡眠をとる必要がある一方で[2]、片岡らの調査では、日本の高校生の約9割がこの水準を満たさず、特に男子生徒の約半分は6時間未満の睡眠(6時間睡眠を10日続けると、認知機能が徹夜明けと同等にまで低下する[3])しかとることが出来ていません[4]。

では8時間未満の睡眠は、心身にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。具体例を挙げると、自殺企図のリスクが2.9倍になるほか[5]、学業成績の低下[6]や問題行動の増加[7]が見られ、また運動中の怪我のリスクも40%程上昇する[8]ことが知られています。

早い始業が生徒の心身に悪影響を及ぼす

以上のような睡眠不足に対し、これまで日本では「早寝早起き」による生徒指導を試みてきました。しかしそのような生徒指導の一方で、「思春期の早起きが、生徒の心身に悪影響を及ぼす」ということが近年睡眠学分野で明らかにされています。これは「思春期の生徒は自然と夜型の生活リズムになるため、生活習慣に関係なく、早起きは自然と困難になるものである」ためであり、2014年にアメリカ小児科学会は、「中高の始業を8:30以降にすること」を求める声明を出しました[9][10]。

また実際にカリフォルニア州議会で始業遅延法案の審議が進んでいるほか[11]、アメリカ・イギリス・香港・韓国をはじめとした先進諸国では始業遅延の実験、あるいは始業遅延の実際の導入が進められてきました[12][13][14]。

米国小児科学会は『中高の始業を8:30以降にする』よう求める声明を出した。

このように、現在世界的に「適正な始業時刻への移行」「思春期に過度な早起きを強制しない」という取り組みが進んできています。そして始業を遅らせることによって、次に述べるような生徒の心身状態の大幅な改善に成功しています。

始業時刻を適切に遅らせることで、生徒の心身の健康に繋がる

始業時刻の適正化がもたらすメリットについては多岐にわたって報告されています。ここではレビュー論文を参考にしながら、幾つかの研究をご紹介致します[15]。

例えば睡眠時間が長くなることで、日中の眠気が減ったり、抑うつ状態が改善したりすることに繋がります。2015年のバージニア州の研究では、50分の始業遅延によって平均睡眠時間が30分伸びたと共に、日中の眠気が5%程改善し、昼寝も約9%減少しました[16]。

このような結果は、最も遅延の幅が小さい研究、具体的には15分の始業遅延によってもたらされています例えば香港の研究では15分の始業遅延の結果、睡眠に満足する生徒が8%増加し(29.3%から37.3%)、授業中の寝落ちも6.4%から3.5%にほぼ半減しています[17]。

他にも病欠の半減[18]や交通事故の減少[19]といった多数の実証例があります。

日本の生徒が健康に楽しく学校に通えるように
〜始業時刻適正化プロジェクトと先生方へのお願い〜

「始業時刻適正化プロジェクト」は、東京医科大学で睡眠健康研究ユニットリーダーを務めておられる志村哲祥先生の全面的な御協力に加え、日本における児童思春期の睡眠研究の権威である駒田陽子先生、またオックスフォード大学Nuffield臨床神経科学科で研究をされたPaul Kelley先生の御助言を頂いております。そして本プロジェクトでは、中高生の睡眠環境改善のための最善策である「始業時刻の適正化の実現」を目指し、これにご協力頂ける中学校・高等学校を募集しております。御参加下さる学校につきましては、志村先生をはじめとする睡眠研究者の方々のアドバイスを頂き、学校ごとの事情も十分に考慮させて頂きながら、具体的な施策を検討させて頂きます。

本プロジェクトに御関心をお持ち下さった養護教諭・教職員・校長先生の皆様につきましては、こちらから御連絡を差し上げますので、メールアドレス academic@esleep.jp までその旨をお伝え頂けますでしょうか。告知ビラ(記事最後にてダウロード可能)にあります通り、5/13(日)13:30~17:30に東京医科大学にて開催される志村先生の講演会優先的にご案内致しますなお、この講演会では、睡眠障害全般・児童思春期の睡眠障害・発達障害と睡眠・生活習慣を通じた睡眠の改善の研究と実践に関する第一人者の視点より、睡眠の正しい知識とは何か、また生徒の健康と将来にとって真に効果のある指導方法をどのように実践すれば良いのかについて解説いただく予定です。
本講演会には都合がつかないもののプロジェクトに御関心をお持ちくださいました先生方は、その旨を上記メールアドレスよりお知らせ頂ければ幸いです。

中学生・高校生の睡眠環境を改善することで、彼らが健康に楽しく学校に通えるような世界を創っていきたいと考えております。そのために先生方のお力添えを賜りたく存じております。本プロジェクトに少しでも関心を抱いてくださいました先生方におかれましては、ご連絡、そして講演会へのご出席を賜りますと幸甚です。

講演会の詳細はこちらから↓

“睡眠と教育講演会-1.pdf” をダウンロード 睡眠と教育講演会-1.pdf – 37 回のダウンロード – 431 KB

以下出典
[1] 松本,松嶋(2008)高校生の生活習慣に関する調査研究-授業中に見る居眠りについて-.大阪教育大学紀要. 第57巻. 第1号. p.55-70
[2] Shalini et al (2016) Recommended Amount of Sleep for Pediatric Populations: A Consensus Statement of the American Academy of Sleep Medicine, Journal of Clinical Sleep medicine
[3] Van Dongen et al (2003) The Cumulative Cost of Additional Wakefulness: Dose-Response Effects on Neurobehavioral Functions and Sleep Physiology From Chronic Sleep Restriction and Total Sleep Deprivation, Sleep Research Society, Volume 26, Issue 2, p.117-126
[4] 片岡千恵ら(2014)我が国の高校生における危険行動と睡眠時間との関連,日本公衛誌,第61巻第9号
[5] Liu (2004) Sleep and adolescent suicidal behavior, Sleep New York Then Westchester
[6] Wolfson and Carskadon (1998) Sleep schedules and daytime functioning in adolescents, Child Development, Volume 69, Number 4, Pages 875-887
[7] Anne G. Wheaton, Daniel P. Chapman, Janet B. Croft (2016) School Start Times, Sleep, Behavioral, Health, and Academic Outcomes: A Review of the Literature, Journal of School Health
[8] Milewski(2014) Chronic lack of sleep is associated with increased sports injuries in adolescent athletes, Journal of Pediatric Orthopedics, Volume 34, Issue 2 p.p. 129-133
[9] Dorothee Fischer (2017) Chronotypes in the US- influence of age and sex, PLOS ONE
[10] Let Them Sleep: AAP Recommends Delaying Start Times of Middle and High Schools to Combat Teen Sleep Deprivation, American Academy of pediatrics, 8/25/2014
[11] School Start Time RESEARCH & INFORMATION, COMPLIMENTS OF Anthony J. Portantino, State Senator
[12] The Children’s National Medical Center’s Blueprint for Change Team (2014) School Start Time Change: An In-Depth Examination of School Districts in the United States
[13] Seattle Public Schools (2015) School Board Briefing/Proposed Action Report
[14]登校時間が9時に 韓国自治体で初の試み=生徒らの提案が実現, 聯合ニュース,2014/08/25
[15] Anne G. Wheaton, Daniel P. Chapman, Janet B. Croft (2016) School Start Times, Sleep, Behavioral, Health, and Academic Outcomes: A Review of the Literature, Journal of School Health
[16] Judith A. Owens et al (2017) A quasi-experimental study of the impact of school start time changes on adolescent sleep, SLEEP HEALTH
[17]N Chan et al (2015) The effect of a modest delay in school start time on Hong Kong adolescent sleep and daytime functioning, Sleep Medicine 16
[18] Paul Kelley et al (2017) Is 8:30 a.m. Still Too Early to Start School? A 10:00 a.m. School Start Time Improves Health and Performance of Students Aged 13-16, Frontiers in Human Neuroscience
[19] Fred Danner, Barbara Phillips (2008) Adolescent Sleep, School Start Times, and Teen Motor Vehicle Crashes, Journal of Clinical Sleep Medicine

Follow me!